Home > yenbridge   |   はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

M&Aのフロー

M&Aの一般的なフローは、以下の通りです。


事前検討段階

実際にM&Aの交渉を行う前の準備段階です。

STEP 内容 yenbridgeのサービス
M&A戦略の計画・立案 M&Aを行う戦略を整理する段階です。
社内で、戦略的に特化したい分野や他社との統合によってシナジーを期待できる部分を検討し、 M&A戦略の計画や立案を行います。
御社の事業計画に応じた適切なM&A戦略をご提案させていただきます。
ターゲットの調査・選定 社内で立案したM&A戦略を行うために買収すべき会社を調査します。
具体的には、買収対象となるターゲットの条件を決定し、 その条件に合致した会社をピックアップしていきます。
この作業は、M&Aアドバイザリー業務を行っている会社に依頼する場合もあります。
御社の事業計画に有益なM&Aを実行するため、対象となる企業の条件・抽出を行います。

具体的検討段階

M&Aの交渉・検討段階です。

STEP 内容 yenbridgeのサービス
ターゲットへのアプローチ 買収ターゲット会社又は株主に対して、売却の交渉を行うステップです。
御社との事業シナジーや従業員の引継ぎなどを含めて、 買収の詳細な交渉に入る前段階の交渉を行います。
ターゲットに対して、御社の代理で買収提案交渉を行います。
ターゲットの初期的検討・分析 事業評価・財務分析などを通じて、アプローチしたターゲットの初期的な検討を行います。 実行段階に入る前段階における簡易な評価を行います。
基本スキーム・条件の検討 買収における株式購入やファイナンス方法などに付き、経済条件や実行可能性を勘案して 基本スキーム及び条件等について検討します。 買収スキーム及びファイナンス方法についてアドバイスさせていただきます。
基本条件の協議・交渉 検討した買収スキームや条件について、ターゲットと協議・交渉を行います。
また、買収資金の調達が必要な場合には、投資家・金融機関等との交渉を開始します。
御社の代理人としてターゲット企業に対して買収提案交渉を行います。
また、資金調達についても、交渉を代理致します。

実行段階

実際にM&Aを実行します。

STEP 内容 yenbridgeのサービス
買収基本合意書の締結 買収価格等を含まない、買収に関する基本的な合意事項を書面にて契約します。
一般的に、LOI(Letter of Intent)・MOU(Memorandum of Understanding)と呼ばれる書面が、 買収基本合意書に該当します。
買収基本合意書の作成代行、契約条件等に関する交渉を行います。
デュー・ディリジェンスの実施 ターゲット企業から開示された各種データ及びヒアリングから、 法務・財務・ビジネスに関するデューディリジェンスを実施します。
デュー・ディリジェンスによって得られた結果をもとに、買収価格を決定します。
提携先の弁護士事務所・会計事務所等を通じて、デュー・ディリジェンスを実施します。
買収契約書の締結 デュー・ディリジェンスの結果を反映して決定した買収価格も含め、 最終的な買収契約書を作成します。 買収基本合意書の作成代行、契約条件等に関する交渉を御社の代理で行います。
クロージング 実際の株券の受渡や登記、金銭の授受等を行い、買収を完了します。 クロージング時の立会い、各種法律手続、資金実行手続のアドバイス・代行を行います。

事後対応

M&A実行後の対応です。

STEP 内容 yenbridgeのサービス
事後対応 買収の完了後、御社とのシナジーを発揮するため、必要なリストラクチャリングを実施するために、 早急に対応を行います。 CFOをはじめ人材派遣・ご紹介、税務顧問の派遣、監査法人等のご紹介、 金融機関等のご紹介をさせて頂きます。

詳しくは、下記ファイルをご覧下さい。
M&Aアドバイザリー業務について(PDF)

お問い合わせは、 こちら からお願いします。